お葬式はそれまで生きていた故人とそのご家族、そして親族など近親者たちがお別れする最期の儀式であり、二度とやり直しの効かない心痛な悲しい時間を過ごす場であります。最近では有名人たちが近親者だけで済ませるという報道が広まったこともあり、一般葬よりも家族葬が主流になりつつあります。そしてこの家族葬のいいところは参加する人数が絞られること、近親者だけで済ませるために余計な神経を使いすぎないということです。一般葬の場合は近所の人とかなど家族と親族以外の人の参加のために変な体裁を取り繕う必要がありますが、家族葬だと近親者以外の人に対しての体裁と見栄のために余計な神経を使わなくて済みます。ただその葬式で大事なことで1番に優先されるべき事項は故人にとっての希望を極力叶えるということです。そして2番目に喪主など故人のご家族の希望となります。年輩者の中にはスタイルの違いを批判する人たちもいたりなどしますが、親族と言えど故人とそのご家族以外の人がとやかく言うべきことではありません。

最近の葬式の傾向と費用

最近では一般の参列者を呼ぶような葬式を執り行う人が減少をしています。それは故人の遺言をして、親族のみで執り行う家族葬を希望することが多くなっている、ということが関係しています。逝去をした時の顔を知らない人、親族以外の人に見られたくはないと考える人もいます。特に病気で逝去をした場合には健康な時の自分とは全く違ってしまうということもあります。ですから、出来るだけ見られたくはないと考える傾向があります。家族葬であれば、一般の葬式よりもコストを抑えることができます。出来るだけ費用を抑えたいと考えているのであれば、盛大なものにする必要はありません。遺族と最期の時間を十分に過ごすことが出来るようにできれば、故人によってもよい葬儀とすることが出来るでしょう。故人の遺志を尊重する葬式を執り行うことも大事になります。

葬式の礼儀作法と言うのは

冠婚葬祭の中でも特に礼儀作法が五月蝿いのが葬式になります。慶事であれば多少の無礼は目を瞑ってくれる可能性がありますが、弔事では不謹慎ということになるからです。無礼といっても、自主的にやるわけではなく、わかっていないから結果的にそうなってしまった人が多いです。いくらかの注意点があるので覚えておくとよいです。まずは服装です。基本的に黒を基調にした服です。出来れば、キチンとした喪服がベストです。ディレクターズスーツでもよいですが、社会人ならば喪服の一着は持っているのが常識です。それと最も難しいのが不祝儀です。つまりは、香典ですが、この額によって大きく評価が変わってきます。高ければよいというわけでもなく、低ければ悪いわけでもないです。無難な金額を入れることです。基本的には身近な人ほど高くなります。また、葬式と通夜で別にするかどうかの違いもあります。

葬儀と一緒に寺院の手配、葬儀後に必要な位牌、49日法要、永代供養などを依頼されると割引適用。 全国3,000箇所の立派な葬儀場を利用できるため、安くていい葬儀を行なうことができます。 東京都で格安家族葬をお考えなら「小さなお葬式」。東京都全域で300件以上の葬儀場がご利用可能です。 利用頂いた方の声をHPにて公開しているため、生の声を見ることができます。 無宗教の葬式を希望の方に