お葬式というのは遺された人が亡くなった故人と最後のお別れをする場のことを言います。生前その人とどんなふうに、どんなことをしたか、どんなことがあったかなど様々な記憶を甦らせてくれる場所でも有ります。葬式には喪服と言って上下黒いスーツや女性ならば黒い着物などを着用し、しめやかに行われます。費用なども決めることができます。最近では家族葬といって身内のみで行う葬儀もあり葬儀になると費用は少々安くなっていたり、葬儀を行ってくれる会社にどこまでお願いするかどうかでも費用は変わってきます。仕事をしている人が多いために最短で行うこともできますが、気持ちはきちんと故人を思うことが大切になってきます。様々ある中で家族や身内ときちんと相談し決めてからお葬式を行うことが大切になってきます。故人の遺言をもとに行うこともあります。

葬式の一般の流れについて

誰もがそのうちやってくる死というものですが、最近は倦厭せず受け止める方向へ進んでいます。終活という言葉が作り出されたように、自分の終わり方を考えて生きるようになってきました。それでも、お葬式についてどれだけの方がしっかりしっているでしょうか。葬式というとほとんどの人が、通夜からお葬式・告別式のことが浮かびますが、その流れまでにはいくつかの段階があります。葬儀を執り行う遺族にとっては、悲しんでいられないことです。一般的な流れは、病院でのご臨終、または、ご自宅でのご臨終により、搬送されるかされないかから違いがでます。その後、枕飾り・納棺を向かえ、通夜へとうつります。この時が本当のお別れとなるわけです。そして、その後、葬儀・告別式~出棺をし、火葬・骨上げへと向かいます。この一連の流れをしっかりと滞りなく進めることで、しっかりと見送ってあげることが出来るということです。

今時の葬式の種類と必要性

最近の葬式は、以前とは違い、家族葬や友人葬など親しい方のみで行う形式が増加しています。家族葬専門の葬儀屋もあります。以前は、家族、友人、近所など多数の方に見守られて葬儀が行われていましたが、最近では、葬儀はひっそりと行い、後日、お別れ会などと言って友人やお世話になった方で行う形が多くなってきました。故人の考え方や家族の考え方によって葬儀の仕方が変わってきています。故人の生き方や人柄に合わせて行う葬儀も良いのではと言う考え方で、お酒が好きな故人には、お酒を供えた葬儀、お花が好きな故人はお花畑のような葬儀、甘いものが好きな故人は、甘いものを沢山供える事も良いでしょう。葬儀屋と相談されて故人に合った葬儀を行う事が出来たら故人の供養にもなりますし、とても喜ばれる事でしょう。遺族が幸せに暮らす事が故人の供養になります。