“葬式に参列をする事になった時は、服装や持ち物だけでなくヘアスタイルにも気を付けるべき注意点があります。ロングヘアーの方はまとまった髪型にするのは言うまでもありませんが、高い位置で結ぶのは実はNGです。お団子にする場合も同様で、頭の下の方にお団子を作るようにしましょう。このように、葬式にふさわしい髪型としては、すっきりとまとめたスタイルが良いとされています。しかしながら、毛をコームで逆立てたり、派手なアップスタイルにする事は好ましくはありません。あくまでも葬儀の場である事を意識しなければなりません。また、見た目だけでなく、お辞儀やご焼香で髪が邪魔にならないようにまとめておくこと、他の参列者にカジュアルな印象や派手な印象を与えないことも考えなければなりません。例えば、ショートヘアーやボブヘアーの場合は髪の毛を結ぶ必要はありませんが、ある程度長さのあるボブヘアーだと、お辞儀の際に邪魔になることも考えられます。そういう場合は、ピンでとめて邪魔にならないようにする等、臨機応変に対応するようにしましょう。このように、髪型ひとつにしても様々なマナーがあります。大人の女性として恥ずかしくない様に、きちんと理解しておきましょう。

葬式の際に選ぶべき小物やアクセサリーについて

葬式に参列をする時は、髪型や服装、化粧だけではなく、アクセサリーや持ち物についても注意点しなければなりません。まず、バッグについてですが、色は黒一色が望ましいでしょう。また、黒い地味な刺繍や派手なデザインでないリボン等なら、付いていても問題ありません。しかし、留め具が金色や光沢のあるものや持ち手がチェーンのものは控えるようにしましょう。素材は、エナメルなどの光沢のあるものは避けるべきですが、スエード、表革、光沢の少ないサテンなら大丈夫です。爬虫類の革は殺生を連想させるので、弔事の席では避けるようにしましょう。次にアクセサリーですが、結婚指輪以外のアクセサリーは基本的に着けなくても良いとされますが、1点着ける場合はネックレスを選びます。また、「不幸が重ならない」という意味を込めて、ネックレスは一連、イヤリングは一粒タイプを選ぶようにしましょう。また、葬儀でのアクセサリーは、涙を連想させる真珠を着けることが一般的です。さらに、白、黒、ベビーパールやブラックオニキス、黒珊瑚なども可能です。ただし、華美なものや輝くデザインのものは避けるようにしましょう。このように、葬式という場ではあらゆるマナーがあります。社会人として恥をかくことのないよう、しっかり勉強しておきましょう。

葬式の時のアイテムのマナーとは

葬式に出席をする時は、アクセサリーの装着についてもいくつかのマナーがあります。いざという時に恥をかかないように理解しておきましょう。まず、ネックレスについてですが、黒・グレー・白・ジェットなどのパールのものを選びましょう。どの色でもNGではありませんが、最も一般的に用いられるのは白色です。また、ネックレスは必ず一連のものを選びましょう。これは、二連以上のものは不幸が””重なる””という意味を避ける為です。次に、ハンカチの色ですが、喪のマナーでハンカチは「白もしくは地味な色」となっており、白を持つのが一般的とされています。また、念珠入れについては色に特に規制がないので、例えば桃色などでも大丈夫です。しかしながら、葬式での装いはほぼ全てのアイテムを黒でまとめているので、念珠入れのみ明るい色を持つのが気になる場合は、地味な色でまとめてしまうのももちろん大丈夫です。このように、葬儀の場ではアイテムにも様々なマナーがあります。正しく理解しておきましょう。”